話題

大阪城の「松」が粋!!

大阪城の西の丸庭園にある松がとてもかっこよかったので紹介します。

おそらく、大阪城には専属の庭師がついていると思われます。

歴史が長いだけに、腕のいい職人さんが庭園の手入れをしている「はず」推測です。

松がこんなにも形がいいのが物語っているではありませんか…

こちらの松は竹で補正がされ、ひねりが効いた美しい形に作られています。

補正した竹さえも、竹を飾る一つとしてさらに芸術性を高めているように感じさせます。

松

 

職人たちは隅の方に置かれた松にも手を抜きません。

いつから植えられていた松かわかりませんが、大変粋です。

桜が一層、松の緑を際立たせ、古い千貫櫓(せんがんやぐら)の壁が貫録だけでなく

深みと味を引き出している。そして、石垣のカラーバリエーションが見事に調和して

「和」の空間として魅力を最大限に引き出しています。

松2



Pine in the Nishinomaru garden of Osaka Castle will introduce because it was very cool.

Perhaps, it seems that in the Osaka Castle is with a gardener exclusive.

Only the history is long, "Has" skillful craftsman is the care of the garden is a guess.

Pine Not so much the shape is good speak for themselves ...

This pine is a correction in the bamboo, it is made in beautiful shape the twist is worked.

Even corrected bamboo also, it feels as further enhance the artistic quality as one that decorate the bamboo.



Craftsmen does not remove the hand also in pine that has been placed in a corner.

I do not know whether pine that had been planted from the time, but it is very chic.

Sakura is more, it highlights the green of pine, not the wall of the old thousand consistent oar (Senganyagura) .Weirdness

And pull out the depth and taste. Then, the color variations of the stone wall in perfect japanese beaty

We have to maximize the appeal as a space of "japanese beaty space".

コメントを残す

*