風切

Month: September 2020

ドライフラワーでできること

ドライフラワーでできること

ドライフラワーでできること

 

最近、ドライフラワーが人気を集めています。これは、人々がその美しさを維持するために、それがすぐにしおれているのを見ることを恐れずに学ぶようになったという事実のためかもしれません。また、見た目の美しさから、様々なものに取り入れられるようになってきました。

 

風切の商品をチェックしてみると、いろいろな工作のアイデアが出てくるはずです。ご自宅にドライフラワーのストックがあれば、すぐに使えるかわいいアイデアをご紹介します。

 

携帯電話ケース

お気に入りのドライフラワーをずっと眺めていたいという方には、スマホの上に置いておくのがおすすめです。クリアケースを用意して、その上にドライフラワーや花びらのペースを整えましょう。適切に配置されたら、あなたの携帯電話にポップインして、それが芸術的に花を平らにする方法を参照してください。

 

また、別のユニークなスタイルを持っているあなたの携帯電話ケースの外側に接着剤の花びらをしたい場合があります。それはあなた次第です

額装された作品

ご自宅にドライフラワーがたくさんありますか?それなら、額縁に入れて壁に飾ってみることをお勧めします。一つのフレームに一つの花を飾るのもいいですし、いくつかの花を一つにまとめて飾るのもいいでしょう。

 

また、葉っぱや花びらをフレームに押し付けてもらっても良いでしょう。あなたがそれらを配置した後、それらを適切に接着することを確認してください。自分でこれを作ることについての最高のものは、あなたがそれがどのように見えるかを決定するために取得することです

スクラップブック

ドライフラワーはまた、それがあなたにとって多くのことを意味する場合は特に、いくつかの甘い思い出を保持するのに役立ちます。ドライフラワーについての最高のものは、それが簡単にあなたのジャーナルで、思い出を長く保持するためにあなたのスクラップブックに保持される可能性があるということです。あなたが持っている花は十分に記憶に残るものではない場合は、また、あなたの日記やスクラップブックに美学としてそれをプロップすることができます。

ギフトラッパー

ギフトラッピングの見栄えを良くする方法がわからない?さて、ここに簡単な提案があります。一番シンプルな包装紙に手を入れて、その中にギフトを包みます。その後、ひものコードまたは任意のギフト包装コードの助けを借りて、あなたのギフトラップの真ん中にドライフラワーを結びます。最終的な結果は常にそれが作ることがとても簡単にされている場合でも、エレガントであることが判明します。

吊るす壁のデコレーション

こちらはドライフラワーをたくさん必要とします。これを作るために、あなたのベースになるように薄くて丈夫なものを選択します。そして、ドライフラワーの茎を透明な糸で結びます。できるだけ多くのフラワーアレンジメントを結びます。すべてが解決したら、これらの糸をあなたの選んだベースに結び、あなたの壁にハングアップします。

古いものの価値を見る

古いものの価値を見る

古いものの価値を見る

物の中には、そう簡単には忘れられないものもあります。多くのものは年月が経てば経つほど減価していくものですが、中にはそうではないものもあります。その証拠に、アンティークのものがあるのではないでしょうか。

 

私たちが提供している風切の製品の中には、まだ最高の状態で見つけることができるかもしれないいくつかのアンティークのものがあります。これらのものは古いものであるにもかかわらず、これらは実際にそれらをより特別なものにするいくつかの要因のために有望な価格で販売することができます。

 

あなたがいくつかの骨董品を売買することに興味があるならば、ここではあなたが知っておくべきいくつかの要因を紹介します。これらを使用すると、より良い方法で古いものの価値を見ることを学ぶことができます。

年齢

あるアイテムの年代を知ることは必須です。実は、それが「アンティーク」の特徴なのです。古くなると価値が下がってしまう一般的なものとは違い、アンティークのものは古くなると価値が上がっていく傾向があります。

条件

アンティークのものは、それがまだその最高の状態であれば、より多くの評価を受けることができます。飾っておくだけのものよりも、機能性が残っている傾向のある古いものの方が価値が高いことは間違いありません。

 

しかし、花瓶や彫刻などの機能性のないものは評価の仕方が違います。この手のものは、経年劣化していても新品のように見えることが重要です。新品同様の状態であることは不可能かもしれませんが、表面が色あせていないこと、傷がついていないこと、錆びていないことが理想です。 

品質

私たちの祖先が作っていたものと、今の私たちが作っているものは全く違います。実際、彼らが使っていたかもしれない材料の中には、今はもう存在しないものもあります。また、彼らのものが私たちの生活の中で私たちに到達している方法は、彼らが製造していたものの品質のボリュームを語っています。だから、常にアンティークアイテムの品質をチェックするようにしてください。

希少性

以前に販売されていた限定品は、発売当初よりも今の方が価値が高い傾向にあります。以前に発売された商品の中には数点しかないものもあるので、何年もかけて保管しておくというのは確かに素晴らしいことです。

 

そのため、この世に一つしかないかもしれないレアなものを手に入れようと思っているのであれば、高額になることが保証されているので、かなりの金額を用意しておくようにしましょう。

 

ストーリー

あなたが持っているかもしれないアイテムや気になるアイテムは、それほどレアなものではないかもしれません。しかし、それは何百万もの価値があるその物語かもしれません。さまざまなアンティークアイテムの物語についての詳細を知り、それがどのように興味深いかを確認してください。実際には、販売されているいくつかのアンティークのものは、実際に過去に有名な有名人に属していたかもしれません。

 

 

 

大阪のガラス工芸とそのルーツ

大阪のガラス工芸とそのルーツ

大阪のガラス工芸とそのルーツ

日本ではガラス工芸は当たり前のように行われています。しかし、大阪がガラス工芸品の全国的な産地であった時代もありました。現在でも大阪の職人の間では、ガラス工芸は非常に有名な商売です。弟子たちが他国に出稼ぎに行ったため、今ではその称号は衰退してしまいましたが、現在では、大阪のガラス職人の中でも最も有名な職業となっています。風切を訪れると、大阪で作られたガラス製品がたくさん並んでいます。

ガラス工芸とは

ガラス工芸とは、手作業でガラス製品を作る芸術です。現代の機械では再現できないこの品質は、細部にまでこだわって作られているからこそ価値があるのです。職人さんの腕前を見ていると、魚や馬の置物を型取りしているのをよく見かけますが、大阪のお店ではもっと多くのポツポツを見かけます。しかし、大阪のお店では、鍋やお皿、グラスなどを見かけることが多くなります。

グラスは浜辺の砂を使って作られています。これは、浜辺の砂は、実は小さな結晶でできていて、それが波に洗われることでできているからです。鉄や石の炉でしか作れない極熱の上に置くと溶けてしまいます。溶けた砂は厚みがあるので、職人が風船に吹き込んでも弾けずに強度を保つことができます。冷めると不透明や半透明に見えますが、さっと磨けば完全に透明になります。色付きガラスは、どのような化合物を使って染色するかによって、そのような色合いになります。

ほとんどのガラス製品はお互いに似ているように見えますが、実際には人々によって作られています。精度のレベルは、彼らが彼らの作品と一貫していることができます。彼らはスタイリッシュな灰皿のような多くの製品を作っていますが、これは収入の彼らの主なソースではありません。この芸術のマスターたちは、裕福なクライアントから依頼を受けて、特殊なガラスを製作しています。これは非常に派手なシャンデリアであったり、建築物の重要な部分であったりします。

江戸切子 加賀谷久兵衛

江戸切子(えどきりこ)とは、独自のガラス工芸のスタイル。1824年に加賀屋久兵衛によって開発・普及されました。まだ江戸と呼ばれていた時代から、その手法は東京にのみ伝えられてきました。しかし、彼は大阪の巨匠から修行を受けました。江戸切子とは、ステンドグラスを二層に重ねて吹き付けるガラス成形の技法です。それが冷めたら、アーティストは、外側の層から模様を彫刻し、全く異なる色を持つ内側の層を明らかにします。

年月が経つにつれ、この技術は何世代にもわたってガラス職人に伝えられてきました。西洋からの新しい技術が導入されると、職人は伝統的な技術に新しい方法を採用しました。その結果、多くの職人が、より大きなリスクを冒して新しい作品を作り始めました。

大阪のガラス工芸教室

ガラス細工の芸術は、前述のように排他的なものではありません。大阪の名工たちは、ガラス工芸に興味がある人のために、ワークショップや見習いを行っています。新しい趣味を学びたいだけでも、大阪のどのお店に行っても、ワークショップを開催しているかどうか聞いてみるといいでしょう。

四天王寺フリーマーケットの風切

四天王寺フリーマーケットの風切

四天王寺フリーマーケットの風切

四天王寺フリーマーケットは、大阪市の四天王寺で毎月開催されています。しかし、風切はいつも出店しているわけではありません。今年の9月には、フリーマーケットの場所を確保しましたので、是非一度、私たちの商品を見に来てください。その前に、四天王寺のフリーマーケットについてご紹介します。

何を期待するか

食品

フリーマーケットには、いつものストリートフードがたくさんあります。たこ焼きやお好み焼きもあります。串揚げやイカなどの焼き物も充実しています。これらの商品は匂いが強いので、服飾品から離れたところにあります。

お土産

風切 私たちは骨董品やヴィンテージアイテムを取引するため、このカテゴリに属しています。隣の屋台でも骨董品を売っていますが、その種類は違います。風切は土鍋や陶器の台所用品、変な形の灰皿などをよく売っていますが、隣の店では鉄製の道具やミント状態の収集品なども売っています。

四天王寺は信仰の場であるため、市場には宗教的な工芸品も多く出回っています。道教の数珠、紙、線香、バーナーなどがあります。初代任天堂ゲームボーイやセガサターンなどのレトロなゲーム機も販売しています。

おもちゃ

全国には、他では見られないようなおもちゃを作っている小さなおもちゃ屋さんがたくさんあります。手作りの面白い仕掛けの木製人形や、手縫いのドレスを着た人形など、どんな場面にも対応できるように工夫されています。 

衣類

フリーマーケットは、ファッションブティックにとっても、自分の店では手が届かない市場に手を伸ばせる絶好の機会です。棚に吊るされていたり、梱包されてテーブルにセットされている現代的な服がたくさん売られているのを目にすることができます。着物、浴衣、袴、帯などの伝統的な服も展示されています。これらの多くは支給品ですが、中には自分で作ったものを販売している業者もいます。

楽器・電子機器

四天王寺ではピンとこないかもしれませんが、楽器や電化製品はフリーマーケットではよく見かけるものです。売り手は手間暇かけて面倒な機材を持ってきて、売りに出しています。サウンドシステムよりもベースやギターなどの楽器を見つけることができるかもしれません。電子機器のベンダーは、比較的小さな商品を持っています。これらは、ヘッドフォンや様々な機器のアクセサリーであることが多いです。

バーゲンのやり方 

フリーマーケットや小さなお店では値切り交渉はよくあることですが、風切はそのようなことにも常に備えています。しかし、無用な争いは避けたいので、値切り交渉の限界を教えます。

まず、ほとんどの屋台はクレジットカードと現金払いに対応していますが、私たちはみんな後者を好みます。クレジットカードの手数料は避けたいので、現金払いの場合は丁寧に値引きをお願いすると良いでしょう。

第二に、小商いでの破損品は稀ですが、存在しないわけではありません。商品にキズがあったとしても、それでも欲しいと思ったら遠慮なく値引きをお願いしましょう。受け取っていただければ幸いです。