風切

Category: お知らせ

大阪のガラス工芸とそのルーツ

大阪のガラス工芸とそのルーツ

大阪のガラス工芸とそのルーツ

日本ではガラス工芸は当たり前のように行われています。しかし、大阪がガラス工芸品の全国的な産地であった時代もありました。現在でも大阪の職人の間では、ガラス工芸は非常に有名な商売です。弟子たちが他国に出稼ぎに行ったため、今ではその称号は衰退してしまいましたが、現在では、大阪のガラス職人の中でも最も有名な職業となっています。風切を訪れると、大阪で作られたガラス製品がたくさん並んでいます。

ガラス工芸とは

ガラス工芸とは、手作業でガラス製品を作る芸術です。現代の機械では再現できないこの品質は、細部にまでこだわって作られているからこそ価値があるのです。職人さんの腕前を見ていると、魚や馬の置物を型取りしているのをよく見かけますが、大阪のお店ではもっと多くのポツポツを見かけます。しかし、大阪のお店では、鍋やお皿、グラスなどを見かけることが多くなります。

グラスは浜辺の砂を使って作られています。これは、浜辺の砂は、実は小さな結晶でできていて、それが波に洗われることでできているからです。鉄や石の炉でしか作れない極熱の上に置くと溶けてしまいます。溶けた砂は厚みがあるので、職人が風船に吹き込んでも弾けずに強度を保つことができます。冷めると不透明や半透明に見えますが、さっと磨けば完全に透明になります。色付きガラスは、どのような化合物を使って染色するかによって、そのような色合いになります。

ほとんどのガラス製品はお互いに似ているように見えますが、実際には人々によって作られています。精度のレベルは、彼らが彼らの作品と一貫していることができます。彼らはスタイリッシュな灰皿のような多くの製品を作っていますが、これは収入の彼らの主なソースではありません。この芸術のマスターたちは、裕福なクライアントから依頼を受けて、特殊なガラスを製作しています。これは非常に派手なシャンデリアであったり、建築物の重要な部分であったりします。

江戸切子 加賀谷久兵衛

江戸切子(えどきりこ)とは、独自のガラス工芸のスタイル。1824年に加賀屋久兵衛によって開発・普及されました。まだ江戸と呼ばれていた時代から、その手法は東京にのみ伝えられてきました。しかし、彼は大阪の巨匠から修行を受けました。江戸切子とは、ステンドグラスを二層に重ねて吹き付けるガラス成形の技法です。それが冷めたら、アーティストは、外側の層から模様を彫刻し、全く異なる色を持つ内側の層を明らかにします。

年月が経つにつれ、この技術は何世代にもわたってガラス職人に伝えられてきました。西洋からの新しい技術が導入されると、職人は伝統的な技術に新しい方法を採用しました。その結果、多くの職人が、より大きなリスクを冒して新しい作品を作り始めました。

大阪のガラス工芸教室

ガラス細工の芸術は、前述のように排他的なものではありません。大阪の名工たちは、ガラス工芸に興味がある人のために、ワークショップや見習いを行っています。新しい趣味を学びたいだけでも、大阪のどのお店に行っても、ワークショップを開催しているかどうか聞いてみるといいでしょう。

風切の新商品

風切の新商品

大阪・谷町の骨董品店「風切」へようこそ。当店は骨董品を販売するだけでなく、骨董品を集めています。実際、もっと面白いものがないかと探しに行くこともよくあります。嬉しいことに、とても面白いものがたくさん見つかりました。ぜひ一度、風切に遊びに来てください。

食器

食器は常に骨董品店で見られる最も一般的な製品であり、カゼキリでも同じです。 新しい食器が見つかりました。 それらは丈夫、有用であるには十分によく維持され、それらを優秀な装飾にする装飾的である。

磁器製のボウル、プレート、カップ

「旧式な食器」について言われたとき人々が想像する最初の事は磁器のボール、版およびコップである。 それらは非常に美しく全く、脆弱性は完全な形でそれらを保つことを挑戦的にさせる。 中国やヨーロッパからデザインを調達しています。

金属製食器

日本では金属製食器は一般的ではない。 私たちがストアに持っている銀の鉢植えや木鉢はすべて西部にありますが、ここにはいくつかの備品がありました。 彼らは外国に行った auntie からの古いみやげ物だったが、彼女はそれがもう家に場所を持っていないことを言った。 これは彼女がそれらと parted 、私達をそれらを新しい家見つけるのを助けるようにするためになぜである。

儀式の箸は非常に共通のギフトであり、そのためにそう多くがなされる。 お箸とは違って、美しい木彫りや色の柄でデザインされています。 今までのすべての儀式用の箸は、まだミントの状態で、手つかずの包装です!

鯨の灰皿

現代の灰皿は上から開いていて、複数のタバコを一度に置けるように複数の凹みがあります。こちらは一人だけ使う人のために作られています。ブロンズ製の漫画のようなクジラのフィギュアです。その開いた口はユーザーがタバコを置くところです。クジラの上半身は非常に上品なフードとして機能します。オフィスの机の上に置いても素敵なオーナメントです。

陶器、ガラス製品

私達は常に陶磁器およびガラスプロダクトを有したが、私達が在庫で低く動いているほど普及している。 幸いにも、カゼキリはそれらの新しい供給を見つけた ! 以前の在庫と同じ品質の装飾用の鍋や花瓶を使って、ストアの在庫を補充できるようになりました。

歌舞伎のガラス展 ’70

カゼキリが歌舞伎の「 70 歌舞伎ガラス」のおなかを持っていることを誇りに思います。 これは私達の目録の最も美しく、高いプロダクトであるかもしれない ! これらは歌舞伎をテーマにしたガラス製のエッチング加工をした長いガラス製のタンブラーです。

三郷小学校の世界ジオラマ

三郷小学校様より、キャンパスの昔の世界ジオラマをいただきました ワールドジオラマとは、風景の縮尺模型のことです。こちらは改修前の三郷小学校の様子です。

携帯破損中です。

携帯破損中です。

携帯が壊れてメモリーが飛んでしまいました。

電話に出ることは可能ですが

どなたかうかがう可能性があります。

また、先日お店にいらしていただいた

旭区にお住いの方で8日の件を連絡したいのですが

メモリーなしでご連絡先が分からない状況です。

お気づきになられましたら

kazekiri6chome@gmail.com

までご一報いただければ幸いです。

4/1-4/8🌸Atelier molly in Kazekiri🌸アクセサリー雑貨の販売イベント開催

4/1-4/8🌸Atelier molly in Kazekiri🌸アクセサリー雑貨の販売イベント開催

こんにちは、お久しぶりです。

風切の岡田です。

 

とてもかわいくて素敵なアクセサリーを手掛ける作家さん

momoさんとsallyさん合わせて「molly」さんが

風切1階のレンタルスペースでアクセサリー雑貨の販売イベントを開催されます。

全てが丁寧に作られたハンドメイド。そして、mollyさんセレクトのアンティーク雑貨も販売されます。

 

何よりも、とても素敵な雰囲気のmomoさんとsallyさんのお人柄にも触れてみていただきたいです。

岡田はちょこちょこ顔出しながら、女子力を高めていきます。

ともあれ、真っ白なレンタルスペースがmollyさんたちによってどのよう返信するのか!!!

楽しみです💛

Atelier molly in Kazekiri

4月1日-4月8日

住所:大阪市中央区上本町西1-4-31 風切

 

Atelier momoさんのサイト

http://momo19870209.wixsite.com/atelier-momo/g

 

Atelier SallyさんのFBページ

https://www.facebook.com/Atelier-SaLLy-1548727598771374/

Atelier momoさんによるミモザのワークショップが開催されました

Atelier momoさんによるミモザのワークショップが開催されました

風切1階にある白い部屋のレンタルスペースで
Atelier momoさんによる「ミモザリースのワークショップが開催されました。
白いお部屋では、アイフォンにつなげられるスピーカーでゆったりとした音楽がかけられ
ミモザの香りが漂いとっても女性らしい雰囲気になりました。

風切で販売させていただいている「ルナリア」のドライフラワーを飾って
撮影しました。

グルーガンやワイヤーなどを使ってミモザをリースに取り付けてい行きます。
コンセントがいろいろな所にあるので延長コードで伸ばしました。

ミモザの香りがふわふわ

momoさんがそばでアドバイスをしながら完成していきます。


あんまり、ウロウロお邪魔してもなーと思い
2階の古道具屋で作業していたら
リースの撮影用の道具を借りに上に上がってこられました。

とにかくいろいろおいているのでどれを撮影に使おうかなーと吟味

椅子と彫刻を使ったり

 

額の上に置いたりドライフラワーを使ったり

最終的には

 

こんな感じに。

持っていただいて

 

こんな感じに。

ちなみにこれは私がならべたのではなく

@cafe_photo_のSAKIさんが並べてくださいました。

momoさんの雰囲気と気遣いもあり、お二人ともとっても楽しんでいただけたようで

わたくしもとてもうれしく思います。

ワークショップで空間を使いたい方ぜひ、お問い合わせください。

利用価格は

土日祝/1日 10000円 朝~夜7時くらい

平日/1日  8000円

をベースに臨機応変に対応していきます。

予算、人情価格なんかも対応していきます。

レンタルスペースとフォトスタジオのご案内

レンタルスペースとフォトスタジオのご案内

携帯が壊れてメモリーが飛んでしまいました。

電話に出ることは可能ですが

どなたかうかがう可能性があります。

また、先日お店にいらしていただいた

旭区にお住いの方で8日の件を連絡したいのですが

メモリーなしでご連絡先が分からない状況です。

お気づきになられましたら

kazekiri6chome@gmail.com

までご一報いただければ幸いです。

毎月21、22日は四天王寺骨董市に出店しています

毎月21、22日は四天王寺骨董市に出店しています

2月からは毎月21、22日は平日土日関係なく四天王寺骨董市に出店しています。

そのため、21、22日は実店舗は閉店しています。

四天王寺での出店場所は下記画像のとおり、極楽門をくぐって右手にある大きな木下になります。

21、22日は境内全体が骨董屋さんのブースで溢れ

大変面白いものが溢れています。

また、休憩所やトイレも随所にあり

屋台でタイ焼き屋お好み焼き、たこ焼き、ベビーカステラなんかも出ているため

お祭りのような雰囲気。お子様連れでも存分に楽しんでいただけるので

ぜひ遊びにいらしてください。

ちなみに7月から9月は日傘必須です。

場所が分からないなどありましたら、08055092621まで。

 

もちろん風切では店舗に訪れてくださるのも大大大歓迎です。

道が分からなくなった場合、平日に来店希望される場合など08055092621までお気軽にお電話ください。

FBやgmail(kazekiri6chome@gmail.com)での問合せでも対応させていただきます。