風切

大阪のガラス工芸とそのルーツ

大阪のガラス工芸とそのルーツ

日本ではガラス工芸は当たり前のように行われています。しかし、大阪がガラス工芸品の全国的な産地であった時代もありました。現在でも大阪の職人の間では、ガラス工芸は非常に有名な商売です。弟子たちが他国に出稼ぎに行ったため、今ではその称号は衰退してしまいましたが、現在では、大阪のガラス職人の中でも最も有名な職業となっています。風切を訪れると、大阪で作られたガラス製品がたくさん並んでいます。

ガラス工芸とは

ガラス工芸とは、手作業でガラス製品を作る芸術です。現代の機械では再現できないこの品質は、細部にまでこだわって作られているからこそ価値があるのです。職人さんの腕前を見ていると、魚や馬の置物を型取りしているのをよく見かけますが、大阪のお店ではもっと多くのポツポツを見かけます。しかし、大阪のお店では、鍋やお皿、グラスなどを見かけることが多くなります。

グラスは浜辺の砂を使って作られています。これは、浜辺の砂は、実は小さな結晶でできていて、それが波に洗われることでできているからです。鉄や石の炉でしか作れない極熱の上に置くと溶けてしまいます。溶けた砂は厚みがあるので、職人が風船に吹き込んでも弾けずに強度を保つことができます。冷めると不透明や半透明に見えますが、さっと磨けば完全に透明になります。色付きガラスは、どのような化合物を使って染色するかによって、そのような色合いになります。

ほとんどのガラス製品はお互いに似ているように見えますが、実際には人々によって作られています。精度のレベルは、彼らが彼らの作品と一貫していることができます。彼らはスタイリッシュな灰皿のような多くの製品を作っていますが、これは収入の彼らの主なソースではありません。この芸術のマスターたちは、裕福なクライアントから依頼を受けて、特殊なガラスを製作しています。これは非常に派手なシャンデリアであったり、建築物の重要な部分であったりします。

江戸切子 加賀谷久兵衛

江戸切子(えどきりこ)とは、独自のガラス工芸のスタイル。1824年に加賀屋久兵衛によって開発・普及されました。まだ江戸と呼ばれていた時代から、その手法は東京にのみ伝えられてきました。しかし、彼は大阪の巨匠から修行を受けました。江戸切子とは、ステンドグラスを二層に重ねて吹き付けるガラス成形の技法です。それが冷めたら、アーティストは、外側の層から模様を彫刻し、全く異なる色を持つ内側の層を明らかにします。

年月が経つにつれ、この技術は何世代にもわたってガラス職人に伝えられてきました。西洋からの新しい技術が導入されると、職人は伝統的な技術に新しい方法を採用しました。その結果、多くの職人が、より大きなリスクを冒して新しい作品を作り始めました。

大阪のガラス工芸教室

ガラス細工の芸術は、前述のように排他的なものではありません。大阪の名工たちは、ガラス工芸に興味がある人のために、ワークショップや見習いを行っています。新しい趣味を学びたいだけでも、大阪のどのお店に行っても、ワークショップを開催しているかどうか聞いてみるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *