風切

日本の陶磁器:日本の伝統的な職人技

歴史的かつ芸術的なこれらの側面は、日本の陶磁器/陶器製造の伝統的な職人技を要約しています。世界で最も古い工芸品や芸術形態の1つとして、日常の家庭環境でこれらの複雑に設計されたボディが少なくなっているのも不思議ではありません。 

その結果、誰もがこの慣習的な作りに慣れているわけではありません。時間と技術によってもたらされた改善により、芸術形式が伝統を超越するにつれて、このページは当時と現在を案内します。 おそらく、それはどの決めるのにさらに役立つでしょう 風切製品 を選ぶかをか?

日本の陶磁器

歴史的な書物が出る前は、陶磁器はすでに遍在していました。学者たちは、職人技を紀元前14、000年から300年頃の縄文時代に戻します。それは、コミュニティが狩猟採集社会の文化に従った時代でした。

日本の陶磁器の長い歴史は、人々の文化と価値観を反映しています。都道府県ごとに、それぞれが異なるスタイルと生産性を持っており、国外で評判を得ています。素朴な粘土のボウルから見事な装飾が施された白い磁器まで、すべてのセラミックが物語を放ちます。それぞれが、地域と居住人口の豊かさと複雑な中心を示しています。以下にリストされているのは、日本の陶磁器の最も注目すべきスタイルです。

  1. 伊賀焼(三重県)

伊賀焼は伊賀市周辺にある芸術形態です。 三重県 prefecトゥーレ。文学的な発見に基づいて、生産は奈良時代初期(710-794)にさかのぼります。へらの削り取りと刻印された格子パターンを使用した波のようなパターンは、彼らのスタイルの重要な特徴です。その結果、多くの茶道の達人から高く評価されています。これで伊賀焼は食器の日常使いが完了しました。

  1. 美濃焼(岐阜)

韓国が日本に窯を輸入していた5世紀頃、遠野地方で見られる芸術形態である美濃焼が存在していました。 1920年代初頭(昭和)に早送りすると、この地域はピークに達し、国内で最も有名な陶器の中心地の1つになりました。そのスタイルには15以上の伝統的なタイプがあり、最も印象的なものを以下に示します。

  • 織部焼:深緑色と黒色のパターンと幾何学的な形の美的ブレンドです。
  • 気瀬戸焼:鮮やかな黄色を中心にした風物です。
  • 瀬戸黒陶器:一方、このスタイルは主に黒を使用しています。天正時代頃、真っ黒な釉薬が生産されました。
  • 志野焼:グレーと白を使ったスタイルの志野焼は、秋の季節に合わせることを目指しています。
  1. 瀬戸焼(愛知県)

瀬戸市は、日本の6つの古代窯の1つです。その生産は19世紀初頭に始まりましたが、世界的に有名になるのはかなり迅速でした。西部で高く評価され、アールヌーボー運動への影響にも参加しています。瀬戸焼のユニークな特徴は、その白い素焼きの陶器、染められて磨かれたデザイン、そして地元の原材料です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *